正倉院の整備工事見学に行ってきました。

先日、現在100年ぶりの改修工事が行われている
正倉院の特別公開に行ってきました。

画像の説明

普段の様子(2年ほど前に撮った写真)がこう(↑)なのに対して



画像の説明

現在は、仮設の足場と屋根にしっかりと覆われた状態になっています。



画像の説明

まずは仮設足場が重量鉄骨で作ってある事にびっくりしました。



画像の説明

そして中に入ると、初めて目の前でみた

校倉造りのスケールのデカに驚き。

画像の説明

そうかと言えば、束石の凹凸に合わせて

隙間なく刻んである束の足元に感動。

画像の説明

現在の工事は、構造部材の補強と、屋根瓦の葺き替え途中で

瓦を全ておろし終わった所で一般公開となりました。

画像の説明

右が今回葺き替える瓦と、左が大正時代に葺き替えた瓦です。

和瓦と言えど、100年経てば傷んでしまうものなんですね。



とは言っても100年。
次の修繕には、いま生きている私達のほとんどがこの世にいない
わけで、人間の寿命よりはるかに長い寿命の木造ってやっぱりすごいです。


現在の日本家屋の平均寿命「26年」
「なんでこんなことになったのかな…。」と思わずにはいられませんでした。



画像の説明

Copyright © 2018 株式会社 日本中央住販 All Rights Reserved.

〒631-0003 奈良県奈良市中登美ヶ丘5-14-1 ABCハウジング登美ケ丘住宅公園内 
電話:0120-601-610  FAX:0742-52-3800