未来の子供たちにできること。世界で一番自然に近い家。シックハウスのない国へ。久御山展示場
CATEGORY

無添加住宅とは

体に悪いものは使わない。そんな当たり前のことに目をつぶり、コスト優先で、化学建材を多用した工業化住宅をつくり続けてきた日本の住宅産業。その結果シックハウスは起きてしまったのではないでしょうか。 しかも日本の住宅の平均寿命はわずか26年。化学合成接着剤が20年から30年で劣化して、結果的に接着剤の寿命が住宅そのものの寿命につながっているのです。30年近くもローンを払い続けて手に入れた家が、やっと払い終える頃になって建て直さなければならないなんて、おかしい。

私たちは、合成接着剤や化学建材などの体に悪い化学物質を使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。建材に使う天然素材は吟味に吟味を重ね、化学物質をできるだけ使わずに究極の無添加を実現し、「無添加住宅」が誕生したのです。 私たちは、家も自然と共存して生きていける場であることを基本に、「誰もが」「普通に」「安心して」100年は住める家を建てたいと考えています。

身体に良くないものは使わない

無添加住宅は、一般的な「自然素材の家」をはるかに上回る、言わば「超自然素材の家」。漆喰、炭化コルク、天然石、米のり、無垢材、柿渋など、使用する建材は吟味に吟味を重ねました。まるで森の中にいると錯覚してしまうような室内空間です。 素材について 漆喰(しっくい) クールーフ(屋根) 炭化コルク 柿渋 米のり 無垢材

お手本はむかしの家づくり

化学物質を使い始める以前、日本の家は面積の広い壁には土、柱はヒノキ、梁はマツ、床は畳、間仕切りには障子やふすまといったもので建てられていました。 日本人が健康に暮らしてきた「むかしの家」の、たくさんの土と少しの木、そして草や紙、というバランスには大きな意味があるのです。 自然科学的な視点からみると、人にとって安全な住宅を建てるには無機物をたくさん使って有機物を少なくすることがよいと考えられます。 […]

漆喰(しっくい)

もともと日本の住宅や建物の壁は、外壁も内壁も、土やしっくい(漆喰)で塗られていました。しっくいは、消石灰に麻スサやのり(ぎんなん草)などを混ぜた自然の塗装材です。化学式で表せば、水酸化カルシウムCa(OH)2が空気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して、CaCO3の石灰岩という固いものになるのですから。しっくいは耐火性・耐久性も高く、古くから城や土蔵にも使われてきました。このように合理的なのに、しっく […]

柿渋

塗料には柿渋を使用。その風合いはペンキでは表せません。時が経つほど、その価値を感じていただけることでしょう。 柿渋は、未熟な渋柿から製造しています。その柿渋を防腐・防カビとして、建具に独特の光沢を出す塗料として使っています。柿渋を塗ったところに太陽の光をあてると、徐々に深い味わいの色味に変化していきます。性能面もさることながら、その風合いはペンキでは現せません。天然素材なので安全な上に、時間が経つ […]

無垢材

当然ですが、昔は木といえばムク材でした。使用する箇所によって堅い木・柔軟な木・防水性の高い木・防虫性の高い木等を使い分けてきました。では、現在はというと、コスト面や生産性の面からムク材に代わり添加材だらけの粗悪な木(もどき)が氾濫しているのです。反りや軋みが無いからといって、化学接着剤の塊のような集成材や、年月がたつとボソボソと剥がれてしまうようなプリントの木目に魅力があるでしょうか?しかも、万一 […]

米のり

無添加住宅は、木材の貼り合わせなどに使うのり(糊)すべてを、手づくりの米のりにしています。昔の大工さんは、朝一番、飯を木板の上で竹ベラでこねるのが仕事だったそうです。実際に米のりの接着力は強く、当社の実験でも木工用ボンドとほぼ同じ強度でした。にかわは、動物の骨や皮を煮て精製してできるゼラチンです。にかわ=ゼラチン=コラーゲンなのをご存知でしょうか。現在では、食品や化粧品などに広く利用されていますが […]

炭化コルクWALL

オリジナル外張り外壁工法 しっくい塗り炭化コルクWALL 炭化コルクの効果 家全体を炭化コルクで包み込みます。言わば炭の家です。 ●グラスウール並みの高い断熱力。●天然素材ならではの自己吸放湿の特性により、結露の発生を抑制。●炭なので腐敗しにくい性質。●炭の力でホルムアルデヒドやアンモニアを吸収。空気を浄化。●蒸し焼きにする製造工程で自らの樹液で固まる、化学接着剤を使用しない安 […]

クールーフ

その屋根はメンテナンスが必要ですか? 一般の屋根(化粧スレート等)は、10年後、30年後メンテナンスが必要です。それにともない多額の費用が必要になります。 屋根材選びは重要なポイントです。 屋根は、外壁と同様に人と建物を、雨や雪、紫外線や熱などの自然環境から守るために重要な役目を持っています。例えば、屋根材の塗装が剥げると紫外線や太陽光で数年で劣化し、防水性が低くなって雨漏りや躯体にカビが生え、家 […]