未来の子供たちにできること。世界で一番自然に近い家。シックハウスのない国へ。 登美ヶ丘展示場 久御山展示場

お手本はむかしの家づくり

化学物質を使い始める以前、日本の家は面積の広い壁には土、柱はヒノキ、梁はマツ、床は畳、間仕切りには障子やふすまといったもので建てられていました。 日本人が健康に暮らしてきた「むかしの家」の、たくさんの土と少しの木、そして草や紙、というバランスには大きな意味があるのです。

むかしの日本の家
現代の工業化された家

自然科学的な視点からみると、人にとって安全な住宅を建てるには無機物をたくさん使って有機物を少なくすることがよいと考えられます。 有機物である植物は、生命連鎖の中で虫や菌から自分の身を守るために、天然の化学物質である毒を持っています。
一方無機物は生命活動に関わっていないため毒を持つ必要がなく、重金属や放射性物質を除けば人間には無害なものです。

無添加住宅の家
無添加住宅の素材
無添加住宅の内装
工業化住宅の内装